Sakai Design Associate
2004
Comfortable communications co., ltd.
ComPlayer
Portable CD-DVD Playe
COMCOMはすこし未来の、ネットワーク化された家電群です。このプロジェクトでは、通常、同じテイストで揃うことのない幅広い商品群をひとつのシリーズに見せる必要がありました。
そこで全体のスタイリングコンセプトを“佇まい”とし、それぞれの機器が置かれる環境に応じて「美しくある様」を大切にデザインしました。これはカタチが周りのインテリアと馴染むという話ではなく、機能を持った機械がどのようにその存在を空間の中で主張するかということです。強い主張もあれば、さりげなく存在を伝える場合もあり、それは下記のカテゴリーごとにコントロールされています。(全製品の写真はこちらで見ることが出来ます。)

 
オーディオ関連機器
佇まいは静寂です。選ばれた行為が情報を求めるものでない以上機器類にも必要以上の情報を付加しないことが大切であると考えました。
 
PC関連機器
初期の007映画に出てくる「アタッシュケースの中にはいっているもの」のイメージで展開しています。明らかに周りと異質な形状で、単一機能を強く主張して男性ユーザーの「子供ごごろ」をくすぐりながら高級ホテルの一室にもなぜかよく似合うといった感じです。この手の機器類は基本的に男性が喜ぶものですが、今回は女性ユーザーからみても室内にあっても許せる形状を模索しました。
 
プレート形状機器群
プレートから壁の中の空間に繋がる佇まいを表現しています。
昭和30年代から大きく2回のモデルチェンジを経て現在が第3世代といえるスイッチプレートの次の世代を示す未来感と、これまでの流れを断ち切らない安心感を両立させるよう光、形状、機能が意図的に落差を持って混在しています。
 
操作を必要としない受動的な機器
それぞれの機器の性格、置かれる場所によって段階的に変化していくようコントロールされています。「高性能で大切に扱う必要がある」、「重ねて裏において置けばよい」というおおまかな接し方と「電源を扱っている機器」、「テレビアンテナに関連する作業を行っている機器」といった漠然とした機能性までが佇まいとしてユーザーに伝わることで、ブラックボックス化した機器の把握を促し、情報家電のわかりづらいイメージを低減します。
 
リモコム類
リモコムには4種類のバリエーションが存在します。リモコム、シンプルリモコム、キッズリモコム、スイッチリモコムの4種類です。操作する側の機器として他の機器類とは多少趣を異にしているうえ、それぞれの主要機能の特性からもデザインテイストが変わっています。すべてのリモコムに共通するキーワードは「頭脳、中枢、信頼性」という言葉です。
リモコム
リモコム類の高機能機種です。その他の機器群との関係は女王蜂と働き蜂のような雰囲気です。絶対的な命令系統である強さと、閉じたときの気品ある佇まいと、開いたときのシンプルな液晶面の処理で操作時のとっつきやすさを表現しています。L字の操作バーは携帯の十字キーより簡単な操作を予感させる表現としてリモコムを筆頭に多くの機器に盛り込まれユーザーインターフェースの統一性も目指しています。
シンプルリモコム
家庭内での使われ方を考え基本形状はコードレス電話の子機を踏襲していますが、デザイン的にはリモコムと同じく他の機器類に対して一段上のデザインの作りこみを施しています。
キッズリモコム
自立の象徴としての佇まいを表現しています。行動力と知性の2つの方向でデザインを提案しています。安心をサポートするというよりアドべンチャーをサポートする機器としてのイメージでデザインしています。他の機器類との関連性が非常に薄いですが、これは子供が見につけたときの全体のみえがかりにデザインの比重を置いている結果です。
スイッチリモコム
通常のプレートスイッチと機能的にも近いものなので形状についてはプレート形状機器群と同じ考えでデザインしています。ただ、夜間照明の光り方を工夫し「頭脳、中枢、信頼性」という他のリモコムに通じるキーワードを表現できるよう考えられています。
 
各機器のカテゴリー分けは重複しています。
カテゴリー同士の狭間にある機器は両方のカテゴリーの性質を持ち合わせているという、緩やかな形状コントロールです。
たとえばコムディスプレイは中型の映像用ディスプレイですのでオーディオ関連機器とPC関連機器の中間のイメージを持ち合わせているという感じです。
このように、個々の機器はそれぞれの機能に合った佇まいを見せつつ、シリーズ全体としてシームレスにデザインすることで、室内空間内での機器同士の強力な「繋がり感」を表現しました。これにより情報家電ネットワークの信頼感と利便性を視覚化するのが狙いです。

COMCOM is a group of home appliances conceived for the near future that are connected to home network. With this project, we needed to give a linked feel to a range of appliances that usually are not produced under a same theme.
So we came up with a total styling concept, “tatazumai (presence)”, and designed each product with particular attention paid to how they “present themselves beautifully” in the environment they find themselves in.

This is not about how their appearances blend in with the environment; it is about how the appliances with particular functions assert their presences in the environment.

Some assert their presences forcefully, others quietly. They are categorized accordingly below. (You can see pictures of all the products here:)
 
Audio equipments
Atmosphere is silence. Unless the chosen action is searching for information we don’t need to add more information to it.
 
PC equipments
We imaged “what is inside the attache case” from the movie 007. Obviously different shape from others, a strong single function which tickles men users “childlike heart” but also goes well with a room of exclusive hotel. Basically these type of equipment please men but this time we made it so the women users would accept them in the room.
 
Plate shaped equipments
Atmosphere which connected plate and the space inside the wall is what we expressed. Since S30’s it has changed its model twice and switch plate which is said to be the 3rd generation looking forward to the future. A flow which can’t be stopped and could be trusted purposely has drops between light, shape and function.
 
Equipments that is passive, which needs no operation
From all the characteristics of the equipments we controlled them in steps from where it is been placed. “High efficiency that needs to be treated importantly” “pile them up and put them at the back” are the rough way to treat them and “equipment with a power supply” “equipment that is working in TV antenna” are the vague function of atmosphere that we want the users to tell. By doing this equipments that has been black boxed would be understood more and difficult image of electric appliances would fade away.
 
RIMOCOM Group
There are 4 variations to RIMOCOM. RIMOCOM, Simple RIMOCOM, Kids RIMOCOM, Switch RIMOCOM are the 4. From the point of equipments that has to operate is different from other equipment but from the characteristics of the main function the design taste changes. The common keyword for all the RIMOCOM is “brain, center, reliability”.
 
RIMOCOM
High function type of RIMOCOM group. The relation between the other equipment group are like queen bee and working bee. A strong demand which can’t be opposed, a grace atmosphere when it is closed, when it is opened a simple liquid crystal screen is easy for customers to accept. L shaped operating bar is easy to operate than the cross key.
 
Simple RIMOCOM
It is designed for uses at home. Basically the shape is like cordless telephone. The design is same as RIMOCOM that something one step ahead of other equipment group.
 
Kids RIMOCOM
It is an expression of atmosphere as a symbol of independence. We proposed action and intelligence as the 2 ways of design. Rather than supporting relive, we imaged and design something which would support adventure. The connection between other equipment group weak, but it is the result for designing when kids found the RIMOCOM.
 
Switch RIMOCOM
The function are similar to the regular plate RIMOCOM. So the idea of designing is same as plate shaped RIMOCOM. It is just thinking of how the night time lighting shine using the keyword “brain, center, reliability” the common keyword for RIMOCOM.
 
Some categorize for equipments has the same characteristics.
Equipments that goes between two categorize has the both characteristics. It shows that they are symbol of gentleness.
For example, Com display is a middle sized display for pictures, so it has both images of Audio Equipments and PC Equipments.
Therefore individual equipments are showing the atmosphere which matches the function. Designing the whole series as “seamless” we were able to express the strong connection between equipments in the room and space. So we are aiming for trust and convenience of the information electric appliances network.

COMCOM近未来、搭载网络功能的家电系列。这项设计案的任务,必须将毫无共通风格、种类多样的商品,统整成为具有系列感。
整体风格概念定为「姿态」,每项家电的设计,摆设于任何环境当中,都能够「漂亮有形」。
设计考虑重点不在于能否融入室内周围环境,而是能否在空间中凸显功能机器的存在。
在系列当中,有些外型抢眼,有些则低调有形。全系列的成品照片请见下列连结。
COMCOM
 
影音相关机器
机器姿态是静寂的。机器所赋予的行为责任并非是提供信息,所以我认为重点在于不需要在机器上附加无谓的信息。
 
PC相关机器
以早期007电影中「007皮箱内的常备品」为灵感,进行设计。机器的形状特异,明显和周围不同,强调主张单一功能,挑逗男性消费者的「童心」,甚至适合摆放在高级饭店的房间内。这个领域的机器,基本上能够取悦男性;不过,这次我尝试让机器的外型,能够让女性消费者接受摆在室内。
 
板状机器
借着板状展现联系壁内空间的形式。
从昭和30年代(1950年代中期)经过两次的转型,现在是第三代的开关式板状机器,在光线、形状、功能上,我刻意落差混和两种概念,一是展现下一世代的未来风格,一是连结遵循过往轨迹的安心感。
 
无须操作的操控机器
根据每台机器的特性和摆放场所,调控成为能够展现阶段性的变化。「高功能但必须谨慎操作」、「能够重迭摆在后方」等概略操作方式,或是「调控电源的机器」、「链接电视天线的机器」等庞大功能性,都希望透过摆设姿态,传达给消费者,增进了解遭到边缘化的机器,降低信息家电不易明了的印象。
 
遥控器类
遥控器有4种种类,分别是中央控制器、简控器、孩童用摇控器、开关式摇控器。这种主控操作的机器,不同于其他机器,各异其趣;而且,因应主要功能特性,设计风格品味随之不同。不过,所有摇控器的共通点就是「大脑、中枢、信赖性」。
中央控制器RIMOCOM
這是遙控器類中的高功能機種。中央控制器和其他机器之间的关系,就像女王蜂和工蜂之间的连结。我以这种绝对服从指令的威权姿态、关阖时的典雅姿态,以及开启时的简单液晶画面处理,展现操作简易的方便性。L字的操作杆,相较于手机机体的十字键更易操作,以摇控器为先驱,在更多机器中引进运用这种操作杆,以便统一使用接口。
简控器
考虑到家庭内的使用者,基本形状承袭无线电话子机的外型,在设计上则和中央控制器相同,追求比其他机器更高层次的设计造型。
孩童搖控器
表現自立象徵的姿態。以行动力和知性等双方向进行设计提案。设计印象不在于安心,而是冒险,虽然和其他机器类的关连性非常薄弱,不过,这是考虑儿童欣赏整体造型时的观感,进而采取的设计比重结果。
 
开关式摇控器
和一般板状开关功能相近,所以形状采取和板状机器相似的思维,进行设计。不过,特别考虑夜间照明的亮灯方式,以便展现和其他遥控器的共通点「大脑、中枢、信赖性」。
 
各机器的领域区分有所重迭
处于几种领域之间,拥有双方领域性质的是圆融型控制器。
例如COM显像器是中型影像用的显像器,拥有影音关连机器和PC关连机器的综合形象。
每件机器的姿态都各具特色,统合系列的整体设计,藉以表现室内空间机器之间的强力「联系感」,希望能够藉此将信息家电系统的信赖感和便利性,加以可视化。

Prototype |Photo Seiji Himeno

Download



login

パスワードが間違っています。 Invalid password. 您的密碼不正確。

※ 高解像度イメージをダウンロードいただくにはパスワードが必要です。
お手数ですがメールにてお問い合わせください。
※ A password is required to download high resolution images.
To request one please email us.
※ 下载高解像度图像需要密码,请电邮索取。

x
日本語 | English | 中文 | login |