Sakai Design Associate
2004
Fuji Television Network, Inc
Guggenheim Museum Exhibition
Museum Goods
Sugar
雑誌TITLEとのコラボレートという企画でのミュージアムグッズのデザイン。
「美術展に足を運ぶ」という行為の意味をグッズに反映させることに主眼を置いてアイテムの企画、選定からデザインまでを一貫して行いました。以下、会場に置かれたコンセプトノートの全文です。「美術展に足を運ぶという贅沢な時間。それは、感動のみを求める、非常にはかない時間ともいえます。そのはかなさを、美術館のフォルムをモチーフに表現してみました。
 
Cube sugar
≪よく晴れた日の午後、ぼーとしながらゆっくりとお茶を飲む≫
 
Bookmark
≪大雨の日に会社をサボって一日中、本を読む(バスタブでも使用可能)≫
 
Postcard kit
≪ずいぶん連絡を取っていない友人に、「突然インパクトのある手紙を送りたくなる」衝動に駆られて、製作に励む深夜の時間≫
 
Picnic cushion
≪好きなひとと一緒に、自然の中でのんびりする≫
 
これらのグッズは他愛の無い小さな商品ですが、買ってくださった方の日常の中では、美術館と同じような作用をすると考えます。絵画を鑑賞することが主役だとしたら、美術館は美しく機能的な脇役です。同じように、「お茶を飲む」「本を読む」「手紙を書く」そして「ピクニックに行く」という行為こそが主役であって、今回デザインしたグッズは脇役なのです。ですから、グッゲンハイムのアイコンである建物のモチーフは、できるだけ、はかなく使われています。その形をとどめているのはほんのひと時です。主役である行為を豊かに引き立てて消えていくモチーフ。これらのグッズが、買ってくださった方の日常をすこしだけ豊かにすることが、今回のコンセプトです。」
 
クライアント:株式会社フジテレビジョン
Project of designing museum goods collaborating with the TITLE Magazine.
The concept of the goods we made is “Visiting the Museum”. We consistently put the point there then selected and designed. Below are what the concept notebook was about that we placed at the gallery.
“Luxurious time, visiting museum. The time just seeking for emotion, which equals to transitory time. We expressed transitory time using the motif of museum’s form.
 
Cube sugar
《On a sunny afternoon, without thinking slowly drink some tea》
 
Bookmark
《On a heavy raining day, play truant from work and read books all day (available to use in bath tubs)》
 
Postcard kit
《A sudden urge to write a letter with a great impact, to someone you haven’t kept contact with for long time and writing it in the middle of the night》
 
Picnic cushion
《Relaxing in the nature with someone you like》
 
These goods are just a small little products, but to someone who bought the goods it works to them as if they own the stuff from the museum. If you think looking at the paintings are the main, museums are beautiful and functional supporting role. Same to “drinking tea”, “reading books”, “writing letters” and “going on a picnic” are the main and what we designed this time are the supporting role. So the Guggenheim’s icon, the motif of the building,, are used as transitory as possible. It is just a short time that it retains its shape. The motif that makes the main action all the better and vanishes. Hoping that these goods will make the daily life of customers all the better is the concept of this project.”
这是和杂志TITLE的合作企画,设计博物馆商品。
商品品项的企画、选择、设计的着眼和一系列主题,都呼应「亲自前往参观美术馆」的行为意义。下述是摆置于会场的概念简介全文。「亲自前往美术展的奢华时间,只是单纯地为了追求感动,更是一段难以估算的时间。这种无以估计,以美术馆形式为主题,加以展现。
 
Cube sugar
《晴朗无云的午后,放空脑袋,悠闲享用下午茶》
 
Bookmark
《滂陀大雨的日子,跷班读书一整天(能在浴缸中使用)》
 
Postcard kit
《对于久未联络的友人,突然兴起一股冲动,「想要寄给友人一封印象深刻的信」,因而奋发制作的深夜时刻》
 
Picnic cushion
《和喜欢的人一起在大自然中悠游》
 
这些商品都是无关紧要的小物品,但是购买之后,将在各位的日常生活当中,发挥和美术馆相同的作用。如果将鉴赏绘画喻为主角,美术馆就是漂亮陪衬的配角。同理而言,「喝茶」「读书」「写信」「远足」等行为是主角的话,这次设计的商品就是配角。所以,古根汉美术馆的建筑物象征标志,不着痕迹地运用在这些商品之中,只有在一瞬间才会展现确实外型。这是为了默默地陪衬烘托主角行为的想法。这次的概念就是希望这些商品,能够更加丰富购买顾客的日常生活。」 
 
委托客户:富士电视台 株式会社

End of production | Guggenheim Museum Exhibition | Bunkamura Museum, Tokyo 2004 |Photo Seiji Himeno

Download



login

パスワードが間違っています。 Invalid password. 您的密碼不正確。

※ 高解像度イメージをダウンロードいただくにはパスワードが必要です。
お手数ですがメールにてお問い合わせください。
※ A password is required to download high resolution images.
To request one please email us.
※ 下载高解像度图像需要密码,请电邮索取。

x
日本語 | English | 中文 | login |