Sakai Design Associate


2014-2016
RIVERS CO.,LTD
HOOP
Coffee Press


  • 350/720

    In Production | ABS resins,Glass,Stainless steel,Polypropylene|W105D70H150,W93D147H168|3,500JPY, 4,000 JPY
    Photo Yosuke Suzuki
    rivers

  • 350

    In Production | ABS resins,Glass,Stainless steel,Polypropylene|W105D70H150 | 3,500JPY | Photo Yosuke Suzuki
    rivers

  • 720

    In Purodution | ABS resins,Glass,Stainless steel,Polypropylene|W93D147H168|4,000 JPY|Photo Yosuke Suzuki
    rivers



2014年に発売されたコーヒープレスHOOPの1~2人用です。実は最初にデザインが完成したのはこちらのほうで、もともと350mlのサイズに向けてスタイリングされています。当時の販売戦略にあわせて、追加でデザインした大きいほうが先に発売されました。
コンセプトはどちらも同じですが、350mlは自然なバランス、720mlは少し可愛くデフォルメされています。フィルター方式と異なり、コーヒー本来のうまさが凝縮されいている豆の油分も一緒に抽出できるのが特徴です。

This is a 2-cup version of the coffee press “Hoop” that went on sale in 2014. This version was actually produced before the bigger version that went on sale first due to the sales strategy at the time so the designs of the both are based on this smaller 350 ml version.
The concept is the same but the emphasis of the 350ml version is on its naturally balanced look while the 720ml version is meant to look slightly cutely deformed. As opposed to coffee makers with filters, this coffee maker extracts coffee bean oil which is rich in quintessential deliciousness of coffee.

HOOP于2014年发售咖啡压壶,这次是1~2人用。原本最初完成的设计是这款350ml的尺寸。然而配合营销战略,先上市发售大容量的尺寸。两款的设计概念相同,不过350ml讲求自然均衡,720ml加点俏皮可爱。不同于滤式咖啡,压壶的特色在于能够同时萃取出咖啡豆油脂,保留咖啡原始美味。


リバーズが販売していたコーヒープレス「コア/フィン」の後継モデルをデザインしました。
できる限り要素を少なくすることを考えてデザインしたことで、プラスティクの占める割合や使用する部品の数を最小限に抑えることが可能になりました。また、前作は中身の見えないデザインでしたが、目で見ることも美味しさ引き立たせる大切な要素になりますので、「フープ」は中身ができるだけ見えるデザインになっています。
紅茶を入れることもできるプレスですが、なんとなくコーヒーっぽいイメージを意識してデザインしたので、そこが伝わっていたとしたら成功?かなと思っています。

We designed a successor model of the coffee press CORE/FIN from Rivers.
As the design was conceived with the intent to maximize the reduction of components, we were able to minimize the amount of plastic and number of parts used. Moreover, while the inside was invisible in the previous model, the new design Hoop reveals the content to the greatest possible degree since being able to actually see what takes place inside becomes an important factor in enhancing the flavor. Although the press can also be used for tea, we designed it to evoke a somewhat coffee-like image. If this intent has been conveyed, I think we can consider it a success.

继Rivers销售的咖啡滤压器「CORE/FIN」之后,我接手设计下一款式。
设计尽量化繁为简,因此能够将塑料所占的比率、装设的零件数目降到最小极限。
此外,上一款式的设计无法看见瓶内容物;然而,肉眼的享受也是提升美味的一大要素。所以「HOOP」的设计能够看见瓶内。这款滤压器也能够冲泡红茶。不过,我刻意以咖啡印象进行设计。我想,应该成功传达这个概念了吧。


日本語のテキスト3

英語のテキスト3

中国語のテキスト3



Download



login

パスワードが間違っています。 Invalid password. 您的密碼不正確。

※ 高解像度イメージをダウンロードいただくにはパスワードが必要です。
お手数ですがメールにてお問い合わせください。
※ A password is required to download high resolution images.
To request one please email us.
※ 下载高解像度图像需要密码,请电邮索取。

x
日本語 | English | 中文 | login |