Sakai Design Associate
2005年、PANTONEシリーズのライターをデザインしました。もともとは単独で動いていたプロジェクトだったのですが、当初からカラフルな色のバリエーションを想定していたのでクライアントと相談してPANTONEのシリーズに組み込むことにしました。普通の使い捨てライターの形状を踏襲しつつどこまでキレイ方向にぶれを出せるかということに重点を置いてスタイリングをしています。また、使い捨てライターを使うほぼすべての人が感じる不便、「タバコのソフトケースに入れづらい、奥まで入って取り出しづらい」という問題をそのスタイリングで解決しています。最新型の内部メカを使いスリムに仕上げたのでタバコ2本分の空きスペースでケースすっぽり収まります。そして底が砲弾型になっているため、ケースにスムーズに入ります。点火ボタンがケースの縁三方に少し乗っかる状態になるため、ライター本体がケースの中に埋まることがありません。親指一本でケースから取り出せます。これほどわかり易い不便が放置されていたこと自体が不思議ですが、とりあえずこれで、ライターを穿り出そうとしてソフトケースが崩壊という悲しみは味わわなくてすみます。デザインと使い勝手に共感していただき、最後まで使い切ってくれる人が少しでも増えることを期待しています。
I designed a lighter for the Pantone series which was shown at the end of 2005. Originally it was a project for which I was working on the design by myself, but because the original idea had been to create the lighters in a striking range of color variations, after consulting with the client, we decided to work with Pantone. While following the traditional image of conventional disposable lighters, I am working on the style in order to place importance on how far it is possible to blur that image into a more beautiful direction. Additionally, there are certain inconveniences with disposable lighters-they don’t fit easily into ‘soft box’ cigarette packages, if the lighter goes all the way to the bottom of the package it is hard to get it out again, etc.-which I am also trying to solve through this styling. It is designed to be slim with parts from the inner mechanisms of the newest models so it will fit perfectly in the same space as two cigarettes. Because the bottom is round it is easy to insert it into the case. As the igniting button rests slightly outside of the opening, the lighter doesn’t get lost inside the case. It is possible to remove the lighter from the case with only one thumb. It is strange that this obvious inconvenience has been overlooked, but now it is possible to remove a lighter from a soft pack of cigarettes without the package collapsing. I hope that people will feel an appreciation for the design and use, and I expect that perhaps there will be even a slight increase in the number of people who use their lighters to the very end.
 
translator benjamin budde
2005年,我设计PANTONE系列打火机,于去年年底发表。原本是独自进行的计划,不过,由于最初设定采用色彩丰富的多样化选择,于是我和客户商量,决定和PANTONE合作,打造系列商品。沿袭一般即抛式打火机的形状,不过,我将美观大方做为外型设计的重点。几乎所有的即抛式打火机使用者都感觉这种不便──「不易放入香烟软盒,不易从内部取出」,我打算借着外型设计解决这些问题。我采用最新型的内部机械,打造纤细外型,只需2根香烟宽的空间,即可完全收纳。而且底部呈炮弹圆型,所以能够轻松放入烟盒。点火栓能够勾挂在烟盒边缘,打火机不会陷入烟盒内,只需一根大拇指即可取出。我很难相信这些显而易见的不便,竟然一直遭到漠视,不过,如此一来,打火机贯穿香烟软盒的悲剧,应该再也不会发生了。我期待消费者能够体会这项设计和实用性,并且希望有更多的使用者,能够让这款打火机物尽其用,燃烧到最后一刻。

In production

Download



login

パスワードが間違っています。 Invalid password. 您的密碼不正確。

※ 高解像度イメージをダウンロードいただくにはパスワードが必要です。
お手数ですがメールにてお問い合わせください。
※ A password is required to download high resolution images.
To request one please email us.
※ 下载高解像度图像需要密码,请电邮索取。

x
日本語 | English | 中文 | login |