Sakai Design Associate
2005-2007
商品開発ワークショップ
Sekisui House
Smart UD Project

積水ハウス開発部/トネリコ
松尾慎デザイン室/D・D スタジオ
積水ハウスとユニバーサルデザインの実験住宅のデザインを行いました。今まで不便だったことをUDの思想で解決し健常者にとっても今までより快適な「自慢できる家を作ろう!」というプロジェクトでした。幅広い消費者に受け入れられることを前提としていたので、「美しさ」「気持ちよさ」いった要素も重要でした。
 
まず、社内チーム、積水ハウスといつも仕事をしている外部デザイン事務所2社と一緒にワークショップを行いました。階段、水周り、壁などのパーツごとのセッション、「高低」、「内外」「みんな・一人」などの対比を用いて空間の可能性を探るセッションを何度か行い、内包される空間のイメージを固めました。
人が中心なので人の周りから順番にデザインをしていくという発想です。
 
次にインテリアデザイン事務所のトネリコに参加してもらい、最初のセッションで作られた空間を「家」に落としこんでいくワークショップを行いました。ここで異なるメンバーから提案されていた「美しさ」の統合もあわせて行いました。
 
結果的にハウスメーカーのノウハウに裏打ちされた「使いやすさ」に「気持ちよさ」と「美しさ」をバランスよくミックスした住宅が出来上がりました。残念ながら、実験住宅の建設は実現しませんでしたが、これらの思想はその後の商品開発に受け継がれ、「スマートユニバーサルデザイン」として、積水ハウスの住まいづくりにおける重要なコンセプトの一つとなっています。

Together with Sekisui House we designed Universal Design(UD) experimental home. The goal of the project was to solve existing inconvenience issues with UD principles and build homes “you will want to boast” that are comfortable for anyone – young or old, a handicapped person or a healthy person. Appealing to general public was one of our aims so we also had to take account of factors such as “attractiveness” and “coziness”.
First, we did workshop with Sekisui House’s in-house project team and two design firms who often work with Sekisui House. We held separate workshop sessions on different parts of the house such as staircase, kitchen and bathroom and walls; we also held workshop sessions on exploring possibilities of architecture using contrasting concepts such as “high vs low”, ”inside vs outside” and “a group of people vs one person”. As the comfort of its inhabitants was the priority of the design, the project proceeded in the opposite direction to the standard home design projects, i.e.: design processes always began at or near the points of human activities; we decided on interior factors such as the sizes of rooms next; then we decided on the exterior design.
 
Next step was to ask interior design firm, TONERICO, to join our workshop and together we combined the separate parts that were created in the previous workshop sessions into an actual “home”. Here we brought each party’s idea of “attractiveness” into the design.
 
As a result we came up with the design based on “convenience” which comes from the house maker’s expertise mixed at right balance with “attractiveness” and “coziness”. Unfortunately no actual experimental house was built but the principles born of the project were passed on to other development projects and remain important parts of Sekisui House’s philosophy on house design: ”Smart Universal Design”
为积水房屋进行通用设计(universal design,以下简称UD),企画希望透过UD思考以往的不便之处,提供健全者更舒适且「得以自豪的房屋」。由于前提条件是必须让广大的消费者接受,所以「美观」「舒适」也是重要的元素。
 
首先,公司内团队、积水房屋、长期合作的2间外部设计事务所共同举办工作坊。针对楼梯、用水设施、墙壁等每项区域,以「高低」「内外」「大众个人」等对比方式,寻找空间的可能性,策定室内空间的印象。
人是房屋生活的中心,所以设计的顺序,依照和人的生活紧密关系,逐项扩展进行。
 
然后,室内设计事务所TONERICO加入。在工作坊中,将最初策定的空间想法,化为实际的「家」。在这个阶段,对于成员提出的不同「美感」,也进行统合。
 
最后,住宅在住宅业者的专业技巧之下,打造而成,更均衡融入「使用方便性」「舒适性」和「美观」。很可惜地,实验住宅无缘提供世人,不过其中的构思传承到后续的商品开发,成为”「智慧通用设计」”,是积水房屋在建造房屋时的重要概念之一。

Design direction Toshihiko Sakai |
Sekisui House Development DPT., MatuoMakoto Design Room, Design D・D Studio, TONERICO | www.sekisuihouse.co.jp

Download



login

パスワードが間違っています。 Invalid password. 您的密碼不正確。

※ 高解像度イメージをダウンロードいただくにはパスワードが必要です。
お手数ですがメールにてお問い合わせください。
※ A password is required to download high resolution images.
To request one please email us.
※ 下载高解像度图像需要密码,请电邮索取。

x
日本語 | English | 中文 | login |